新宿風俗

新宿デリヘル|JKスタイル:リアルすぎる19歳【95点】

新宿デリヘル

JKスタイル

ゆりな

T155・83(C)・57・83
19歳

体験談:新宿デリヘル

私はとにかく株やら何やらでお金を稼ぎまくり、それを特に考えのないまま風俗店で使い続けています。私はお金に糸目をつけずに遣う非常に気前のいい人なので、どこの風俗店でもキャストにもスタッフにも気に入られています。私がその月に何度やってくるかでお店の収入がまるで変わってきます。そのため女性キャストは何度も私に来てくれるように懇願していますが、私はそのような依頼もどこ吹く風と、自分の生殖器の赴くままに新宿の風俗店の放浪を続けています。
当然私は風俗店で遊ぶときに、女の子は同時に3人指名する/それも長時間プレイで一度のプレイ代のみに15万円は払う/それとは別に女性へのチップも大盤振る舞いする、という貢献ぶりです。お店としては大口の顧客なので、どうしても3日に1回は来てほしいと無理なお願いをしているわけです。

そんな私は新宿デリヘル「JKスタイル」でも遊んでいます。ここに行くと確かに質の高いキャストが私をお出迎えしてくれるわけです。お気に入りの「ゆりな」ちゃんは私のことを熟知してはいますが、おねだりをして滞在時間を長くするようなことはありません。あくまでもサービスに集中して私を喜ばせ、自然と足を向けてくるように性的に仕向けるわけです。これはまさに高等技術で「JKスタイル」の高慢ちきではない荒唐無稽な話はしない女性キャストにのみ可能です。だから私は確かに「JKスタイル」は悪くないと思っています。しかし「JKスタイル」のみに留まる私ではありません。私は風俗の荒野を突き進み、自分に最も合っている風俗が何なのかを体を通して進んでいこうという勤勉な姿勢を見せているのです。

私は風俗ではお金を使うことを目的としており、そこで十分に楽しもうという気持ちはほとんどありません。確かに女性と性的な戯れに興ずるのは楽しいのですが、暇つぶしという感覚で風俗に通っています。そんな客はほとんどいないので、私が有名になるのも当然だともいえます。その方向性で風俗というものを突き詰めていくと、男と女の逢瀬というものがいかに儚いかがよくわかりました。かと言ってそれで私の行動が何か変わったわけではないので、これからも定期的に風俗に行って散財していくだけです。そのような人生を誰もが羨んでいるということです。風俗嬢たちは私に身請けされたいと訴えています。その中からめぼしい女性を身請けすることも、風俗での大名遊びの醍醐味であるといえます。

You Might Also Like