渋谷風俗

渋谷ヘルス|ストロベリージャム:たれ目のおっとり娘【87点】

渋谷ヘルス

ストロベリージャム

リリカ

T153・83(C)・56・81
20歳

体験談:渋谷ヘルス

渋谷の風俗店でじっくりと遊びつつも、いかに少ない投資で最大の効果をもたらすべきか。姑息な精神ではあるものの、実は誰もが実践している/したいと思っていることではありますが、存分に遊んでやると思って渋谷風俗に行きつつも、やはりせっかく相手をしてくれる女性キャストに嫌われたくないと思い、でもお金を払ってるんだからたっぷり楽しませてもらうぜと思い、しかしお仕事的にいろいろいってくる女はマジで屑だよなと考え、残り時間などを気にして焦ってプレイをして満足できなかった、などということは誰でも経験しています。このような煩悶を持ちつつ風俗嬢とたんまりプレイをする。できれば気に入ってもらってなにか特別なご奉仕をしてもらいたい、そのご奉仕とはまさにヘルスで本番行為に及ぶようなものであり、まあ頼めば意外とやれないでもないということは経験上知っていて、そのためには風俗嬢をやたらと褒めるのがいいということは事実であり、そうはいってもとんでもない不細工が来たら褒めようがないだろうと考えつつ、でもブサイクなのだからせめてやれたほうがいいだろうということを思っても、高校時代にブサイクな同級生女子を抱いたからといってそれを自慢することは不可能で、むしろそれは卒業以後50年に渡ってからかわれる限りである、というような事態が出来するのが風俗なのであります。

僕は渋谷ヘルス「ストロベリージャム」でのプレイを安上がりに済ますために、朝の早い時間や雨の日割引がある時を狙って渋谷ヘルスにいきます。そうなるとろくな女が揃ってねえという事態も起きますが、それでも関係なく僕は店に行ってその時に一番いいオンナをあてがってもらいます。一番いいかどうかはやはり写真氏名であり、そこで満足のいく見た目の女を指名して何時間でも待つ、けれどもプレイを始めるときに最初の料金であることを常に確認し、部屋に入ったらすぐに服を脱いでプレイを始めたがるとか、僕はやはり損をしたくないというのが「急いては事を仕損じる性的にも」という格言に通じてしまっています。しかしこのようなお客を相手にしても風俗嬢が動じることはありません。なぜなら僕のようなしょうもねえお客さんばかりがくるのが風俗であり、それをどこまで我慢できるかが大きく稼げるかどうかの分かれ目であるといえます。
そのような風俗嬢の事情を僕はさっぱり勘案することなく時間いっぱい楽しみます。風俗の楽しみ方はまさに人それぞれでありますから、僕はせこく楽しんでいくほうを選ぶということです。

You Might Also Like