六本木風俗|ブルーム:AYA【86点】

六本木風俗

ブルーム

AYA

T160・82(C)・55・83

体験談:ブルーム

漠然と六本木の風俗を利用するよりも、自分にとってのプレイイメージを明確にしておいた方が、本番で焦ることなく、スムーズに女性をリードできます。僕は六本木の風俗店「ブルーム」を利用する前に、どんなプレイをするかを頭で綿密に組み立てます。そこまで考えながら男女の関係を持つことに疲れないのかと思うかもしれませんが、僕にとってはノープランで進むよりは安心できます。

プレイのイメージといっても、フィニッシュだけを固めることもあれば、最初から流れるように最後まで駆け抜けるイメージを抱くこともあります。いずれの場合も指名する予定の「AYA」ちゃんの反応を見ながら修正を行うので、イメージそのままに進むことはありません。でも、予定を立てて体験したいメニューを絞っておくと、思っていたのとは違ったということで不満を抱かなくなります。自分の理想は自分でも譲歩するだけの行動が必要ですが、幅を利かせるくらいのイメージは損を回避します。

自分のイメージがそのままプレイに活かされるのは、相手があまり風俗に慣れていない状態が好きです。こちらから技術的な面でのお手伝いを施しつつ、どうしても体験したい部分をサービスに盛り込むことで、気持ち良くなれなかったという失敗はありません。

むしろ、自分のツボとなる部分だけをピックアップすると、短命であっという間にプレイが終了してしまうこともあります。失敗なく調整できるくらいの自由をもたらすプランニングを行うことで、無理なく快楽を楽しむ時間がやってきます。

スムーズに六本木風俗「ブルーム」を利用できる環境にある場合には、予約の時間までには自分で進行のルート確認を行っていくと、そこに待っている快楽によって、風俗の時間がもっと充実します。気持ち良くなれる保証があるだけでも、サービスを利用したいという気持ちにさせられます。

「AYA」ちゃんとプレイについての相談を行ってから、あとはそのイメージを現実に繋げるだけということもあって、伝えられたことで満足をしていたのですが、そこに新たな刺激の連続が行われるようになり、風俗の利用がとてつもなく刺激的な時間へと変身します。自分一人が気持ち良くなるのではなく、お互いに気持ち良くなれるような存在を見つけると、苦労なくシンプルに欲望を満たすだけの状態になります。

風俗でペースを握るには、優しく女性をエスコートするコーディネーターとしての役割を担うこともあるでしょう。女性にとってもプレイのイメージを持っている男性の方が、接客に活かせるポイントを知っているので、積極的にコンタクトを取る自分にとっては、気持ち良くなれるツボの話をフリートークで展開し、お互いのことを知ってからサービスに及んでいます。

個人的おすすめ風俗情報

高級デリヘル 六本木ピアニッシモはこちら