蒲田風俗|即尺即プレイ 肉食淫乱妻:りか【81点】

蒲田デリヘル

即尺即プレイ 肉食淫乱妻

りか

T156・88(E)・59・89
30歳

体験談:蒲田デリヘル

川崎に近い蒲田のデリヘルを利用しようと考えた私は、せっかくなのでエロい女性と過激なプレイをしたいと考えて「即尺即プレイ 肉食淫乱妻」に決めました。指名したのはお店の中でも特にイヤらしい女の子のひとりという「りか」さん。ホテルで対面した彼女は上品な顔立ちをした女性だったので、あまり淫乱でイヤらしいという印象はありません。ただ服を脱ぐと程良く肉付きの良いセクシーな身体が露わとなり、ルックスとのギャップもあってより色っぽく感じられたのです。プレイが始まると「りか」さんは私のムスコをパクリと咥え、「ジュルジュル」と音を立てながらフェラをしてくれます。それと同時にアナル舐めまでしてくれるなど思いもよらないプレイを楽しめたということもあり、私の身体は普段よりもより興奮してしまいました。

風俗へ行くなら女の子と盛り上がってよりコアなプレイをしたいものですよね。そのためには店に入る前からムラムラして、野性的になって、実際に会ったら一連のプレイが頭の中でシュミレーションできて、といった状態が理想的です。風俗が初めての方や、お店自体初めての場合はやや緊張してなかなか気持ちを作れないことがありますが、経験を積むとそういったこともなくなり、よりプレイに集中できるようになるでしょう。緊張しすぎると例え女の子が裸になっても勃起しないなんてこともあります。また前日や毎日のようにオナニーをしている人は自分の手の圧力に慣れて秘所で逝けなかったり、風俗のエロさでは物足りなくて中折してしまうなんてこともあります。またアルコールを飲んでいたり、既に体が疲れていたり、ストレスが溜まっていて勃起不全に陥っている時なんかは風俗へ行っても十分に楽しめません。前戯も終えていざ挿入という時に萎えてしまった時の物悲しさは凄まじいものです。不完全燃焼だし、大金をドブに捨てたような虚しさがあるし、わざわざ遠出した甲斐もなく、風俗店に行くまでの自分の行いを悔いることでしょう。

ゆえに体調は万全な時に行くべきです。疲れた時に女の子に癒されに行く、という感覚で風俗に行くのはいいですが、疲れすぎている場合は逆に風俗で疲れを増す可能性があります。そんな時は身体的接触までは行かず、キャバクラやガールズバーといったところで女の子と会話をするだけで留めておきましょう。そこでムラムラして「今日は行けそう」と思ったら行けばいいんです。自信がなければ行かない方が正しい選択だと思います。