池袋風俗

池袋ぽっちゃり風俗|恥じらいぽちゃ:元受付嬢【81点】

池袋ぽっちゃり風俗

恥じらいぽちゃ

まこ

T164・100(G)・75・108
25歳

体験談:池袋ぽっちゃり風俗

池袋で風俗初体験を済ませるべく俺が利用したのは、60分1万円で利用できる「ぽっちゃり風俗」という業態の風俗店だった。ぽっちゃり風俗という名前には風俗を体験したことがない俺にとっては馴染みがないけどぽっちゃりという名前がつくくらいなので、ぽっちゃり好きが喜ぶサービスだということは予測できた。俺はがっつりとぽっちゃりっ子とのプレイを経験したわけではないが、女の子に責められることで興奮を覚えたこともあるし、女の子の唾液が服に付いたときには家に帰ってその部分を吸い尽くしたほどは変態だという自覚があったので、ぽっちゃり風俗という言葉に抵抗を覚えることはなかった。

ぽっちゃり風俗と言っても池袋のデリヘルと差異はなく、電話をお店にかけてホテルやレンタルルームに移動して再びお店に電話をかけて、在籍確認の電話を経て女の子がやってくるというシステムに違いはなかったので、流れを頭に叩き込んで池袋ぽっちゃり風俗「恥じらいぽちゃ」へと電話を掛けた。時間は60分コースを選択すると指名はどうするか問われたが、あまり女の子の写真を見ていたわけではなかったので戸惑っていると、「恥じらいぽちゃ」の人がタイプを事細かく聞いてきたおかげで理想的な指名ができたと思う。指名した黒髪ストレートの経験豊富で目パッチリの巨乳お姉さんはすぐに利用できるとのことだったので、慌てて俺は近くのホテルへと向かった。ラブホテルの場所は池袋ということもあってすぐに見つけることができ、料金も2h4000円と平均的なラブホテルへとチェックインすることができた。ラブホテルを一人で入室したことはなかったので少し戸惑ったが、受付の人に話しかけることで羞恥心を感じることもなくinするこができ、部屋に着くなり池袋の「恥じらいぽちゃ」へと電話を掛けた。ホテル名と番号を告げると折り返しの電話を掛けると言われたので、通話終了ボタンを押した。すると10秒も経たないうちに部屋の電話が鳴り響き、ワンコールもかけないで俺はすぐに受話器を掴み応対した。

「在籍確認が完了したので、これから女の子をホテルへと向かわせます。大体お時間は10分前後とお考え下さい」
と言われたので、俺は初風俗の緊張を紛らわすためにホテルに備え付けてあるテレビでAVを堪能していると、すぐにチャイムの音が鳴り女の子がやってきた。
玄関のドアを開けるとそこには、まさに指名通りの黒髪ストレートで目パッチリな巨乳の「まこ」さんが立っていた。これからこんなにも綺麗で巨乳なお姉さんに無茶苦茶にされることを考えると、考えただけで前かがみになるしかありません。プレイ内容は超がつくほど濃厚で文句なしの快感でした。

You Might Also Like