五反田風俗|サンキュー五反田店:みゆき【92点】

五反田風俗

サンキュー五反田店

みゆき

T168・90(F)・56・87
20歳

体験談:五反田風俗

そう、俺は3Pを散々想像してきたが想像力オナニーも限界に達したので、実際にヤッてみるしかないと思って、五反田デリヘル「サンキュー」を使うことにした。この日のために2週間も3Pハーレム動画を見ながらひたすらオナ禁をした!毎日、凄十を飲んで亜鉛のサプリも飲んだ!もうチンコが痛いくらいに勃起するようになって準備万端だ。記念すべき初3Pだから、なにか手違いがあっては困る!手違いといっても、大した事はなくて俺がイケないだけなんだけど、そうなら悲しすぎる!五反田のデリヘル「サンキュー」の電話では何人か3PがOKな女の子がいたのだが「みゆき」ちゃんと金髪貧乳パイパンちゃんを選んだ。2人を選んだ理由は単純にわかりやすいし、それにまったくタイプの違う2人なら3Pをしている感が高まると思ったから!ホテルで待っているとドアのチャイムが鳴りついに2人を嬢とご対面になった!2人の女の子が俺をみて笑っている!やった、本当に3P出来るんだと思うと胸が高まった!!いつもは2人のホテルの部屋に3人いて妙に狭く感じて妙にエロかった!

3人が3人でそれぞれ服の脱がしあいっこをする!「みゆき」ちゃんと金髪貧乳パイパンちゃんの身体はやはり思った通りの正反対でそれが妙にエロかった。3人とも全裸になって「3Pはじめてなんでまじよろしくっす!」と勃起しながら元気に挨拶した。そして、2人に乳首を舐めてもらいながら、シャワーを浴びた。違う感触の舌が俺の乳首を同時に責め立ててくるのは圧巻だった!そして、ここからすでに、プレイが始まっていた!金髪貧乳パイパンちゃん「うわぁ、おっきいうらやましぃ」といって「みゆき」ちゃんのおっぱいをもみ、乳首を舐め始めた。レズプレイエロっ!と思っていると「みゆき」ちゃんに誘われて俺も乳首を吸った。すると、金髪貧乳パイパンちゃんが俺の手を取って、自分の乳首をいじらせてきた!口の中の乳首と手に当たる乳首の感触が全然違ってヤバ勃起していると、2人の手はローションまみれになっていて、ダブル手コキを食らった!イクイクイクイクと思って、急いで制止して、ついに俺は3Pの醍醐味ダブルフェラを五反田のデリヘル「サンキュー」で味合うことになる。

ダブルフェラくそやべぇ!!これがダブルフェラの感想であり、言葉では言い表せない。それぞれの口と舌が違う刺激を交互に、たまに同時に与えてくる。気分的にも2人を女が俺のチンポを舐めていると思うと相当やべぇ。責めていたと思えば責められているし、それぞれがそれぞれ2人で責めてきたと思えば1人で2人を責めたり、もうホントに休む暇がない!!そして俺は寝かされ、ついに金髪貧乳パイパンちゃんに顔面騎乗位することになる。寝ている俺のチンポを上からダブルフェラされ、イキそうになってしまった。すると、チンポをぬめっとした感触が襲い始めた。素股が始まったと思って、より一層顔面騎乗位にも熱が入る。でも、ちょっと様子が違ってどう考えても素股じゃない、アナルの感覚だった!俺は生で黒髪剛毛巨乳ちゃんのアナルの中にチンポを入れてしまっていた。俺は「あの!」と叫んだのだが、黒髪剛毛巨乳ちゃん「いいの、折角の3Pでしょ?違うか確かめて。ねっ!」金髪貧乳パイパンちゃん「もちろん、だから2回はイッてよ?」。ここからはもう記憶がぐちゃぐちゃだ、俺がチンポを入れていると、入れられていない子がその子のクリを舐めたり、交互に抜き差ししたり、多分AVよりエロかったと思う。2人のマンコの感触は全然違い、俺がチンポを入れ替える度にお互いの愛液が混ざるのがエロ過ぎで、結局、2人ともに中出ししてしまった。最後はお互いのアナルから口で精液を吸い出して、そしてその口でダブルフェラをされて3回目の射精をして時間一杯になり、終わった頃には3人とも動けなくなるほどヘトヘトだった。次はジムにいって身体を鍛えてから五反田のデリヘル「サンキュー」にもう一度来ようと心に決めた。