東京風俗で働く掛け持ちの女の子

池袋デリヘル・五反田回春・吉原ソープなど東京都心部の歓楽街だけを考えてみても様々な業種の風俗店があることが分かる。働いている女の子の中にも当然様々な店・地域・業種を経験したことがある人も少なくない。その中にはそれぞれの風俗店の出勤日時が自由ということを考え、いくつかの業種のいくつかのお店を掛け持ちしている女の子もいるという。それは風俗街・東京では珍しくないことのようだ。

そのような形態をとっていることで考えられることのひとつは、常に刺激を感じながら仕事をしていたいということ。中には性感マッサージ・デリヘル・キャバクラという形で、全く違う業種の風俗店でローテーションの中働いている女の子もいる。そのような女の子は日によって裸になってお客に責められる日・お客のペニスを丁寧に責める日・お客とお酒を飲む日で違ってくる。ただそれぞれ違う形の接客やサービスが求められる。そのため毎日違うタイプのお客に対し違う内容の接客やプレイ内容を行うため、退屈することなく毎日を送ることができると言うことだ。ただ風俗店で働いている女の子の中でも、このように様々な業種で働くようなアクティブな性格な人は決して多くはない。それだけにこのような形で働いている子は多くないが、その子にとっては常に刺激を得ながら働ける環境ということになるのだろう。
またAVに出演しながら風俗店で働いている女の子も少なからずいるが、そのような女の子もこのようにいくつかの業種の店を掛け持ちしている場合が多い。AV女優としての仕事だけでなくデリヘル・キャバクラ・ソープなどいくつかの店に在籍している人もいる。ただそのような人はあまりにも忙しい生活をしているため、風俗店では名前だけ書かれておりほとんど出勤していないケースも少なくないようだ。色々な店舗に在籍しプロフィール欄に「AV女優」として紹介されることで、それを見たユーザーがインターネットの無料動画などで女の子の情報を検索することもある。ユーザーのそのようなアクションを期待し、あえて色々な風俗店に在籍している人もいるのかもしれない。
このようにいくつかの風俗店を掛け持ちしている女の子は全体の中では決して多くないため、その女の子特有の事情が含まれているケースも多いだろう。また色々なタイプの風俗店に在籍することで、精神的にひとつの仕事に自分を追い込みすぎることなくお金を稼げるという側面もある。またお客にとってはいつもいないだけにプレミアムな女の子だという認識が出てそれが人気に繋がる可能性もあるだろう。今の風俗業界の中ではこのような働き方も一例として良いのかもしれない。そういった働き方をする女の子が、東京の風俗を支えるという側面もあるのだろう。